うすちゃの考えごと

「セクマイ支援に役立つヒント」を目指します

「セクシュアリティは自分を構成する要素の1つでしかない」ってちょっと暴力的かも

 f:id:yuto_rin:20200607235428p:plain

 

セクシュアル・マイノリティに関する活動をしていたら、「セクシュアリティは、出身地や利き手、血液型などと同じように、自分を構成する要素の1つでしかない」のような発言を聞いたことがあるのではないでしょうか。

私は、それって”セクシュアリティに対するフラットな視点”を提供する一方で、人によっては少し暴力性を感じるのでは、と思います。

 

セクシュアル・マイノリティの人々は、社会の中で「自分はセクシュアル・マイノリティである」というアイデンティティを発達させていきます。

まだ十分に発達していない段階では「もしかして、自分ってセクシュアル・マイノリティっていわれるやつかもしれない。そうなると、偏見にさらされたりして、やばいんじゃ?」という脅威を感じますよね。

その段階では、自分のセクシュアリティをフラットにみて自分を構成する要素の1つとは思えません。

むしろ、自分の中でセクシュアリティは脅威的なものとして重要性が高まるのです(その脅威に耐えられない場合は、逆に軽視してしまうかもしれませんが)。

その人が「セクシュアリティは自分を構成する要素の1つでしかない」と聞いたとき、「いや、そんなことない!」と自分の認識とのギャップを感じるのではないでしょうか。

それって、その人にとっては感情的に辛い経験になりえますよね。

むしろ、「セクシュアリティって自分の中で大切な要素だよね」という発言を聞いた時の方が、共感的に安心します。

 

***

 

セクシュアリティは自分を構成する要素の1つでしかない」と誰が言っているか、誰が受け取るかによっても意味は変わってきます。

マジョリティの人たちが発すれば、それは、相手のセクシュアリティを過小評価するとして、小さな差別を意味する”マイクロアグレッション”になりえます。

一方で、当事者の方が発したのであれば、アイデンティティがやや発達している当事者にとっては、「もっとセクシュアリティをフラットにみてもいいんだ」とむしろ希望にさえ映るかもしれません。

でも、アイデンティティが未発達な人にとっては、その発言が、自分の気持ちと乖離していて、疎外感を味わう原因にもなりえます。

それは、ただでさえアイデンティティが未発達で脆弱かもしれない人にとっては、辛い中にさらに辛い体験をするという泣きっ面に蜂です。

 

発信者は受け手の解釈を強制することはできません。

だから、「セクシュアリティって大切だよね」と「セクシュアリティをそんなたいしたことないよね」という考えは、どっちか一方だけではなく、どっちも大切なのです。

つまり、どっちかの基準に偏ることなく、「セクシュアリティって大切だよね」と同時に「セクシュアリティってそんなたいしたことないよね」という2つの基準、すなわちダブルスタンダードを私たちは生きる必要があるのです。

セクマイコミュニティから離れたところでも活動しよう

f:id:yuto_rin:20200601023222p:plain
 
セクシュアル・マイノリティ(性的少数者;以下、セクマイ)は、連携することが大切とよく言われます。
LGBTという用語は、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーというそれぞれ別々のコミュニティの人たちがセクマイの権利向上のために連帯して戦略的に作られたという話もあります。
たしかに、セクマイはマイノリティであるゆえに、人々と協力しみんなで声を上げて情報を発信していくことで、地位向上や偏見解消などをより目指しやすくなると思います。
また、連携したところのコミュニティには、社会的な地位の向上のためだけでなく、互いにサポートし合う機能もあります。
そのようなコミュニティに出会うことで、自分のセクシュアリティに戸惑い、居場所がないと感じている若い当事者の人は、豊富な情報が得られたり将来を見通すためのロールモデルを見つけやすくなったりと大いに救われますよね。
でも、若いセクマイ当事者へのサポートは、それだけで十分でしょうか?
 
ここで、たとえば、中学1年男子のAくんを考えてみます。
Aくんは「なんとなく同性に魅かれる・・・」と内面で感じながらも、それを明確に意識できていません。
なぜ明確に意識できていないのかというと、”異性を好きになるものだ”という前提の中で今まで生きてきて、その中で同性が好きと意識することは、Aくん自身の存在をとてつもなく脅かす体験だからです。
今まで自分は周りと同じ存在だと思っていたのが、同性が好きと意識することで、自分は変わり者であり、みんなに受け入れてもらえないんじゃないか、疎外されるんじゃないかという気持ちになります。
Aくんにとって、今まで生きてきた社会がすべてであって、世界にはいろいろな人がいるということを知りません。
だから、同性が好きと意識することでさえ、Aくんの主観的な体験ではものすごく大変なことなのです。
そのような仕組みの中で、Aくんは「なんとなく同性に魅かれる・・・」という気持ちを無意識的に防衛として意識しないようにしています。
 
 ***
 
さて、Aくんの存在を考えたとき、冒頭のアプローチで十分でしょうか?
十分ではないと私は思います。
Aくんは、セクマイコミュニティの存在も知りませんし、そもそもセクマイコミュニティにアクセスすること自体が自身の存在を脅かすのですから。
むしろセクマイコミュニティやそこで発信される情報を無意識的に避けることさえあるかもしれません。
だから、冒頭のアプローチでは、Aくんにアクセスすることが難しいのです。
でも、Aくん自身が同性が好きという気持ちを肯定できるようにするためには、Aくんに効果的にアクセスし、情報を伝えていく必要があります。
そこで、重要なのは、Aくんが興味を持っている対象・領域から、セクマイに肯定的な情報・態度が少しずつ発信されていくことだと思います。
たとえば、Aくんがyoutubeでゲーム実況を観ているとして、もしその動画からセクマイに肯定的な情報が発信されれば、ふとした瞬間にAくんは自分自身に向き合うことができます。
そのちょっとずつの積み重ねが、Aくんの同性が好きという気持ちを意識させることに繋がり、やっと自分のセクシュアリティについて戸惑う段階に導きます。
そうしてやっとセクマイコミュニティに繋がれる可能性が出てきます。
つまり、一気に向き合わされると脅かされるから、セクマイの情報を全面に押し出すことなく、セクマイとは関係ない文脈でふとした瞬間に少しずつが大切です。
 
だからこそ、Aくんにアクセスするために、私たちはセクマイコミュニティに留まりすぎず、セクマイに関係しないところでも活動の場を持つ必要があるのです。
ということで、セクマイコミュニティから離れたところでも活動しよう!